2019.2.9 12:00

平成最後の春は日本を代表する牧阿佐美バレヱ団と世界をまたにかけるYOSHIKIの豪華公演に注目/週末エンタメ

平成最後の春は日本を代表する牧阿佐美バレヱ団と世界をまたにかけるYOSHIKIの豪華公演に注目/週末エンタメ

特集:
週末エンタメ芸能記者コラム
YOSHIKI

YOSHIKI【拡大】

 ロックバンド、X JAPANのリーダー、YOSHIKIが3月16、17日に東京・文京シビックホールで上演される牧阿佐美バレヱ団公演「プリンシパル・ガラ2019」にゲスト出演する。

 当日はYOSHIKIが作曲した「天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典」(1999年)の奉祝曲「Anniversary」で共演。YOSHIKIのピアノ演奏とともに、楽曲をイメージして牧阿佐美さんによるオリジナルの振り付けが披露される。

 共演はバレヱ団側から、同公演の演目として「Anniversary」の使用のオファーがあり、YOSHIKIは急きょ出演を決定。この日だけのために緊急帰国。同バレヱ団とは、昨夏に開催したディナーショーや11月のクラシックコンサートでX JAPANの名曲「Forever Love」や「白鳥の湖」で共演。大きな反響を呼んだだけに、話題になることは必至だ。

 また、「プリンシパル・ガラ2019」では演目の1つに「時の彼方に~ア ビアント~」を選出。2006年に芸術やスポーツをこよなく愛した故・高円宮憲仁親王殿下へのオマージュとして製作され、同バレヱ団にて初演した作品で、天皇陛下が退位される節目の年にふさわしい演目が出そろう形となった。

 バレエ公演というと、優美で高貴なイメージが強くクラシックバレエになじみがない人は敷居が高いと感じてしまいがちだが、チケットもS席1万800円、A席8000円、B席5000円とアーティストのライブと同様の良心的な価格の上、YOSHIKIとのコラボによってロックやクラシックなど音楽好きから豪華コラボを見たいと思う舞台愛好家、X JAPANやYOSHIKIのファンまで幅広く集客が見込めそうだ。

 バレエの魅力を感じるいい機会で牧阿佐美バレヱ団にとっても歴史に残る特別な公演となるだけに、世界中の音楽ファンの心に響くYOSHIKIの音楽とともにゆっくりと体感してみてはどうか。平成最後の春はYOSHIKIの音楽とクラシックバレエにハマる人々が急増しそうだ。(納村悦子)

  • YOSHIKI
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 平成最後の春は日本を代表する牧阿佐美バレヱ団と世界をまたにかけるYOSHIKIの豪華公演に注目/週末エンタメ