2019.2.9 05:03

八千草薫、体調不良で「やすらぎの刻~道」ヒロイン降板 代役は風吹ジュン

八千草薫、体調不良で「やすらぎの刻~道」ヒロイン降板 代役は風吹ジュン

体調不良のため「やすらぎの刻~道」のヒロインを降板した八千草=2017年撮影

体調不良のため「やすらぎの刻~道」のヒロインを降板した八千草=2017年撮影【拡大】

 女優、八千草薫(88)が、4月から1年間放送されるテレビ朝日系昼帯ドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」(放送時間未定)のヒロインを降板し、代役を風吹ジュン(66)が務めることが8日、発表された。同局は「体調不良により、やむなく静養することになりました」と説明した。

 「-道」は、2017年に放送された同局系「やすらぎの郷」の第2章で、劇中劇の形を取り1、2部で構成。八千草はヒロイン「しの」の年老いた役で、主に2部に出演予定だった。

 関係者によると、八千草がヒロインとして参加予定だった部分の撮影はまだ始まっていないが、出番もセリフも多く体力的に厳しいと判断したものとみられる。

 ただ、撮影自体は昨年10月に始まり、八千草は前作で演じた「やすらぎの郷」の住人、姫こと九条摂子としては今回も引き続き出演。摂子については出番が少ないことなどから、体調の回復を見ながら今後も出演を続ける予定という。

 八千草は昨年12月の出演者顔合わせや今年1月の番組PR用ポスターの撮影に参加。別の関係者は「そのときは体調が悪そうには見えなかった」と話しており、その後、体調を崩したようだ。

  • 代役は風吹ジュン
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 八千草薫、体調不良で「やすらぎの刻~道」ヒロイン降板 代役は風吹ジュン