2019.2.6 11:45

サンスポGoGoクイーン、西武園でニジマス釣り挑戦/芸能ショナイ業務話

サンスポGoGoクイーン、西武園でニジマス釣り挑戦/芸能ショナイ業務話

特集:
サンスポGoGoクイーン
芸能ショナイ業務話
釣りスタート前にシーラカンスとパシャリ。左から河路、大貫、松本アナ、高崎、真島

釣りスタート前にシーラカンスとパシャリ。左から河路、大貫、松本アナ、高崎、真島【拡大】

 先月24日、埼玉・所沢市にある「西武園ゆうえんち」で、サンスポGoGoクイーンの撮影会が開催されました。参加メンバーは、初代グランプリの高崎かなみ(21)、大貫彩香(26)、真島なおみ(20)、準グランプリの河路由希子(22)の4人。

 実は私、本来は釣り担当。なぜ釣り記者が取材したかというと、第1部でクイーンがニジマス釣りに挑戦したから。同園の流れるプールが、シーズンオフだけ釣り堀に変身するのです。以前もこのコーナーで、動画編集が得意な私が彼女たちのムービーを作ったとお伝えしました。いずれにせよ、GoGoクイーンとは縁が深いようです。いやはや、芸は身を助けますね。もう“サンスポGoGoキング”を名乗っちゃおう。やっぱり怒られるかな…。

 当日はサンケイスポーツ釣り欄「オフは釣り三昧」でおなじみ、松本ひでおアナウンサー(57)がインストラクター。松本アナはどこでどう間違えたのか、“プールで美女にコーチ”を水泳と勘違い!? ゴーグル&スイミングキャップでの登場でした。ま、私が持っていったのですが…。

 ちなみに釣れないことで有名な松本アナのために、シーラカンスのフィギュアも持参しましたが、こちらは用なし。というのも、釣りスタートと同時に全員が絶好調! 大貫以外はほぼ初体験にも関わらず、ヒットの連続。こんなに釣れると思ってなかった(失礼!)私は、ハリを外したり餌を付けたり大慌てでした。

 しかし、ファンはありがたいですね。みなさんが手伝ってくれたおかげで、非常に助かりました。この場をお借りして、お礼申し上げます。ポロちゃんたち、ありがとう! またイベントでお会いしましょう。

 最終的に松本アナの結果は2尾。氏の名誉のために付記しますが、松本アナは実況やインタビューのため、ほとんど釣りはされていません。それで2尾という数字は、すごいことです。多分…。

 また、松本アナが「ここの魚は美女好きのオスだけ」と分析するほど、クイーンは釣りまくり。そこで私、確認しました。ニジマスを握ると、しらこが腹からトロリ。実際、試した魚はオスだけでした。

 ちなみに釣り記者の私ですが、ニジマスは未経験。「YouTube」を見て、一夜漬けで勉強したと告白します。(ノン出世魚)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. サンスポGoGoクイーン、西武園でニジマス釣り挑戦/芸能ショナイ業務話