2019.2.3 04:00(1/2ページ)

『滝沢歌舞伎』開幕へ!Snow Man岩本照「変わっていく時代の先陣切る」

『滝沢歌舞伎』開幕へ!Snow Man岩本照「変わっていく時代の先陣切る」

(前列左から)向井康二、深澤辰哉、岩本照、渡辺翔太、(後列左から)佐久間大介、宮舘涼太、目黒蓮、阿部亮平

(前列左から)向井康二、深澤辰哉、岩本照、渡辺翔太、(後列左から)佐久間大介、宮舘涼太、目黒蓮、阿部亮平【拡大】

 昨年限りでタレントを引退し、プロデューサーに転身した滝沢秀明氏(36)が演出を手がけ、3日に開幕する「滝沢歌舞伎ZERO」のゲネプロが2日、京都市東山区の南座で行われた。2012年から8年連続でシリーズに出演し、今回からメインキャストを務めるSnow Manの岩本照(25)は「変わっていく時代の先陣を切っていくグループだと見せていきたい」と決意表明。関西ジャニーズJr.から新加入の向井康二(24)も名物の「腹筋太鼓」やフライングで全力パフォーマンスを魅せた。

 歌舞伎発祥の地・京都に初上陸した「滝沢歌舞伎」。岩本が「春の踊りは、よぉいやさ~!」と開幕を告げると、重さ100キロに及ぶ300万枚の大量の桜の花びらがステージ上に舞った。

 2006年に始まった和のエンターテインメント。滝沢氏の引退を機に「ZERO」として生まれ変わった14年目のメインを任されたのが、ジャニーズJr.内ユニットのSnow Manだ。

 これまでの岩本、深澤辰哉(26)、渡辺翔太(26)、佐久間大介(26)、宮舘涼太(25)、阿部亮平(25)に、向井、目黒蓮(21)、村上真都・ラウール(15)が加わって9人に。

 「先のことを考えて、9人でがんばっていこうと決断した」と深澤。今回は村上のみ映像出演だが、新生Snow Manの第一歩となる。

【続きを読む】

  • 囲み取材の佐久間。南座のマスコットを手に
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 『滝沢歌舞伎』開幕へ!Snow Man岩本照「変わっていく時代の先陣切る」