2019.2.2 15:02(1/4ページ)

【嵐会見全文・後編】無責任じゃない~2017年6月16日~大野という男~いつか嵐を巻き起こす~今の気持ち~

【嵐会見全文・後編】

無責任じゃない~2017年6月16日~大野という男~いつか嵐を巻き起こす~今の気持ち~

特集:

 1月27日、午後8時。その3時間前に活動休止を公式サイトで電撃的に発表した嵐の会見が始まった。会見時間は当初予定されていた1時間を延長し、約1時間15分に及んだ。その後、会見での5人の発言が注目を集めた。言葉のはしばしにそれぞれのキャラクターが色濃く表れたものだったが、全員に共通したのは潔さ、聡明さ、率直さ。何よりも5人の絆の強さは、熱狂的な嵐ファンでない人々にも感動をもたらした。一方で、取材記者が投げかけた「無責任」発言が波紋を呼んだ。5人はどんな質問に、どう答えたのか―。

 SANSPO.COMは会見の質疑応答のすべてを前、中、後編に分け一挙に掲載する。

 ※大野智(38)=大野、櫻井翔(37)=櫻井、相葉雅紀(36)=相葉、二宮和也(35)=二宮、松本潤(35)=松本

 ※語尾や、言葉の順番を変えている部分あり。文中の( )はSANSPO.COMが挿入

 ~質疑応答~

 --多大な功績を残してきて「お疲れ様でした」という声も多々ある一方で「無責任じゃないか」という指摘もあると思う。それに対する思いは

 櫻井「無責任かというご指摘に関しましては、我々からの誠意はおよそ2年近く期間をかけて、感謝を伝えていく期間を設定した。それが我々の誠意です。なので、それが届くようにこれからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動をもってそれは果たして無責任かどうかというのを判断していただければと思っています」

 --大野がこの決断の矢面に立って、悪者にされる可能性がある。他のメンバーには(本当は自分にも)区切りをつけたいという気持ちはなかったのか

 二宮「僕はなかったです。リーダーのせいでこうなったというのはゼロに感じています。人間なので絶対はないですし、無限でもないわけで、そのポイントはどこかで置かなきゃいけないんだろうなとも思っていましたけど。僕はありがたいことに楽しく活動させてもらっていたので、その時期に関しても思ってはいなかったですけど。やっぱり僕らは、みんなでやりたいと思った時にやるし、1人がやりたくないと言った時には、やりたくないのはなぜかというのを徹底的に話し合って、みんなで共有して決断をするので。リーダーが悪者になって見えているのであれば、我々の力不足だと思います」

 --困惑するファンへの思いは

 大野「突然の報告で申し訳ないという気持ちも含め、なかなか理解するのに時間がかかると思います。いろんな感情はもちろんあると思うんですけど、それをちゃんと感じながら、この2年間でできるだけファンのみなさんを楽しませることを、一日も無駄にせず、感謝を返せていけたらということを一番考えていますね」

 松本「本当に驚かせることになってしまったのは申し訳なく思っています。20年まで時間をかけ、明日から僕ら自身も前向きに毎日を過ごしていきたいと思っているので。まずは自分たちがやっている番組などで5人の空気を確かめていただけたら少しは安心していただけるのではないかなと思います。また、その中で自分たちの思いを伝えていけたらと思います」

 櫻井「嵐じゃないと叶えられない夢がたくさんありますし、嵐じゃないと見られない景色も山ほどあると思っています。これから2年かけて5人で一緒に走って行く中で、どうかファンのみなさんにも一緒に走っていただけたらと思います」

 相葉「本当に驚かせてしまったことと、申し訳ない気持ちもありますし、ただ僕らは決められた時間で、見てくださるみなさんを楽しませることに全力を尽くして、2年間頑張らせていただきます」

 二宮「混乱させてしまったり、困惑させてしまったり、不安にさせてしまったりという点に関しては本当にごめんなさいと思ってます。ただ残り2年近くをみんなで楽しむためにも、あまり前を向き過ぎずに、向き合って2年間いきたいかな。ファンの顔を見ながら、向き合いながら、僕ららしく、やっぱり嵐っていいなと思ってもらえるような2年間にしたいと思います」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【嵐会見全文・後編】無責任じゃない~2017年6月16日~大野という男~いつか嵐を巻き起こす~今の気持ち~