2019.2.2 05:05

嵐、5人で肩組み目潤ませ生歌唱!タモリに宣言通りの“カンゲキ”パフォ

嵐、5人で肩組み目潤ませ生歌唱!タモリに宣言通りの“カンゲキ”パフォ

特集:

 来年12月31日をもってグループ活動を休止する嵐が1日、テレビ朝日系「ミュージックステーション3時間SP」に生出演した。先月27日に活動休止を発表後、5人での生番組出演と歌唱は初めて。懐かしの映像も流れ、代表曲「感謝カンゲキ雨嵐」のパフォーマンス中にはメンバーがファンへメッセージ。「2020年まで前を向いて、5人で走っていきます」と力を込めた。

 嵐が活動休止発表後初のパフォーマンスで「5人で嵐」を体現した。

 この日、MステSPの大トリで登場。松本潤(35)は「休止を発表してから最初の生放送で歌わせていただく機会をいただいて、本当にありがたいです。全国のファンの皆さんへ届くよう、僕ららしくできたら」と笑顔で感謝した。

 東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で最新曲「君のうた」を披露した後、ファンが待つステージへ移動して代表曲の1つ「感謝カンゲキ雨嵐」を披露。曲中には、5人がひと言ずつファンへメッセージを発した。

 松本が「これからも一緒に楽しんでいこうぜ」と叫び、二宮和也(35)は「まだまだ僕らと遊んでいきましょう」。相葉雅紀(36)は「2020年まで前を向いて」。リーダーの大野智(38)は「5人で走っていきます」。最後は、櫻井翔(37)が「さあ同じ夢を見よう」と呼びかけた。

 終盤には5人で仲良く肩を組んで熱唱し、一体感にファンは大歓声。メンバーの目は潤んでいるようだった。最後は大野が「引き続き嵐をよろしくお願いします!」とおじぎして締めくくった。

 活動休止まで2年近くあるが、番組は早くも嵐の全出演映像を流したり、トップグループにふさわしい花道を用意。

 オープニングでは司会のタモリ(73)から「活動休止か…」と話題を振られ、相葉が「お騒がせして申し訳ありません。2020年をもって一度、休止させていただくと発表させていただきましたが、120%で(歌唱を)やらせていただきます」と宣言。120%以上の渾身パフォーマンスで魅了した。

★2日「嵐にしやがれ」でファンにメッセージ

 2日は日本テレビ系冠番組「嵐にしやがれ」(土曜後9・0)が放送。活動休止決定を受け、事前に収録したメンバーからファンへのメッセージも流される。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 嵐、5人で肩組み目潤ませ生歌唱!タモリに宣言通りの“カンゲキ”パフォ