2019.1.31 21:14

中国司法部門がマリオ無断使用か 微博に動画掲載、死刑判決を下す場面も

中国司法部門がマリオ無断使用か 微博に動画掲載、死刑判決を下す場面も

 中国の治安・司法部門を統括する共産党中央政法委員会が31日までに、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズのキャラクターを使って法執行の取り組みをアピールする動画を短文投稿サイトに掲載した。ただ、一部の中国メディアは著作権者に無断で使用した可能性を指摘。動画を転載した最高人民法院(最高裁)はすぐに削除したという。

 動画は30日に同委員会の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」の公式アカウントに投稿された。英語で「スーパーマリオ」と書かれ、原作とそっくりなキャラクターや音楽、背景画像が使われている。

 「マリオ」が汚職に手を染めたトラ(高官)やハエ(下級官僚)を倒し、金融犯罪などを取り締まりながらゲームをクリアする内容。裁判官に扮した「マリオ」が、犯罪者に死刑判決を下す場面もある。

 習近平指導部が進める反腐敗運動などの成果を宣伝する狙いがあるとみられる。

(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 中国司法部門がマリオ無断使用か 微博に動画掲載、死刑判決を下す場面も