2019.1.30 05:02

BS朝日「日本の名曲-」司会に布施明、五木ひろしからバトン

BS朝日「日本の名曲-」司会に布施明、五木ひろしからバトン

「日本の名曲 人生、歌がある」の2代目司会を務める布施明

「日本の名曲 人生、歌がある」の2代目司会を務める布施明【拡大】

 歌手、布施明(71)がBS朝日の人気歌謡番組「日本の名曲 人生、歌がある」(水曜後7・0)の2代目司会を務めることが29日、分かった。

 2013年10月から5年半、初代司会を務めた五木ひろし(70)に代わり、4月3日放送回から登場。タイトルも英米でポップスの素養を積んだ布施に合わせ、「日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある」にリニューアル。内容も演歌・歌謡曲中心から幅を広げる。

 歌番組の単独司会は約50年ぶりという布施はサンケイスポーツの取材に「司会は苦手で、今回も3度お断りしたんです」と謙遜。一方、「路上ライブの若者から30代以上のベテランまで、多くのジャンルで才能ある歌手は多い。彼らを紹介する番組の企画書を書いて、テレビ各局の関係者にお願いしてきたところなんです」と熱っぽく語った。

 大御所歌手の“音楽愛”に感銘した制作側は、ポップスやロック、ミュージカル、アニメなど知られざる実力派歌手を紹介するコーナーを立ち上げる予定という。

 布施は「名曲とは売れた売れないより、歌の語源とも言われる人の心に『“うった”える』もの。この番組が『昭和歌謡』のように新元号を冠にできるような素晴らしい歌や歌手の誕生する一助になれば」と次代につなぐ音楽番組を目指す。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. BS朝日「日本の名曲-」司会に布施明、五木ひろしからバトン