2019.1.27 05:00

私が50歳になっても♪森高千里、生涯ミニスカ宣言「ガッカリさせない」

私が50歳になっても♪森高千里、生涯ミニスカ宣言「ガッカリさせない」

美脚がまぶしい森高。トレードマークのミニスカにはこだわりがある

美脚がまぶしい森高。トレードマークのミニスカにはこだわりがある【拡大】

 歌手、森高千里(49)が26日、埼玉・狭山市市民会館で21年ぶりとなる全国ツアー「この街」をスタートさせた。コンサート活動を再開した2013年以降、全国からツアーを望む声が多数寄せられ、ついに実現。4月に五十路に突入する歌姫は、現役時代と変わらぬミニスカ姿で歌い踊り、「50歳になってもキラキラした衣装で頑張ります」と“生涯ミニスカ宣言”。12月に、26年ぶりとなる地元・熊本で公演を行うことも決定した。

 「こんにちは、森高千里です!」

 1987年のデビュー曲「NEW SEASON」で幕を開けた21年ぶりのツアー初日。現役時代と同じ膝上15センチのミニスカ姿であいさつすると、地元ファンら1400人の大歓声を浴びた。

 99年に俳優、江口洋介(51)と結婚して以降、長女(18)、長男(16)の出産や子育てのためにライブ活動を休止していた森高は、デビュー25周年を機に13年3月に再開。

 以来、毎年東名阪のみで公演を行ってきたが、全国のファンから「地元にも来てほしい」という声が相次ぎ、98年12月以来となるツアーが実現。タイトルは代表曲と同じ「この街」に決めた。

 公演前に取材に応じた森高は「この年齢で全国ツアーができるとは思っていなかったので、正直びっくり」と照れ笑い。

 92、93年に女性ソロアーティストとして初めて行った全都道府県ツアーを振り返り、「今回初めて行かせていただく街も多いので、すごく楽しみです」と胸を弾ませた。

 久しぶりのツアーはほぼシングル曲で構成したベスト盤的内容。初日に備えて1カ月前からランニングや水泳で体力作りに励み、ステージでは「私がオバさんになっても」「渡良瀬橋」など19曲を昔と変わらぬ美声とスタイルで歌い踊った。

 現在もミニスカを履いていることに「まさかという感じ」と笑いながらも、「皆さんが思う森高千里のイメージですし、キラキラした衣装が自分ぽいなと。ズボンで出てきたら『ズボンかよ!』と言われると思うので、ガッカリさせない感じでやれれば」とユーモラスに継続を約束した。

 4月11日に50歳の誕生日を迎えるが、「『50です!』と言えた方が潔いかな」とキッパリ。「同じぐらいの年齢の方が、キラキラした衣装で頑張っている私を見て『頑張ろう!』って思ってくださればいいな」と今後も森高は輝き続ける。

  • 美脚がまぶしい森高。「オバさんにならない!」とのネット上の声に、「そう言われているうちはステージに立てるのかな」と笑顔=埼玉・狭山市
  • 美脚がまぶしい森高。「オバさんにならない!」とのネット上の声に、「そう言われているうちはステージに立てるのかな」と笑顔=埼玉・狭山市
  • 美脚がまぶしい森高。「オバさんにならない!」とのネット上の声に、「そう言われているうちはステージに立てるのかな」と笑顔=埼玉・狭山市
  • 美脚がまぶしい森高。「オバさんにならない!」とのネット上の声に、「そう言われているうちはステージに立てるのかな」と笑顔=埼玉・狭山市
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 私が50歳になっても♪森高千里、生涯ミニスカ宣言「ガッカリさせない」