2019.1.27 04:02

広瀬すず、朝ドラ「なつぞら」で極寒冬空ロケ!木の板でスキー初挑戦

広瀬すず、朝ドラ「なつぞら」で極寒冬空ロケ!木の板でスキー初挑戦

特集:
広瀬アリス&広瀬すず
大雪のロケに笑顔で臨む前列左から清原翔、すず、吉沢、後列左から音尾琢真、小林綾子、藤木直人、草刈正雄、松嶋、戸次重幸、小林隆=北海道・陸別町

大雪のロケに笑顔で臨む前列左から清原翔、すず、吉沢、後列左から音尾琢真、小林綾子、藤木直人、草刈正雄、松嶋、戸次重幸、小林隆=北海道・陸別町【拡大】

 NHK連続テレビ小説100作目となる「なつぞら」(4月1日スタート、月~土曜前8・0)のヒロインを務める女優、広瀬すず(20)が26日、北海道・陸別町で行われた“極寒ロケ”に参加した。

 北海道・十勝の酪農家に引き取られた戦災孤児のなつ(すず)が、上京して草創期のアニメ業界で奮闘する物語。

 この日は、十勝地方の最北部で白銀の世界が広がるマイナス気温の陸別町の牧場で会見。吹雪で家に帰れなくなったなつが、一夜明けて家族の元に戻る場面(5月13、14日放送)を撮影した。

 すずは劇中でスキーに初挑戦し、「現代のスキー板と違って木の板で、できるかなと不安でした」と苦笑しつつ、スキーが上手な俳優、吉沢亮(24)らの滑りを参考にしたと告白。「“あのリズムで動けばいいんだ”と見て盗みました」とお茶目にほほえんだ。

 ロケには23年ぶりの朝ドラ出演となる養母役の松嶋菜々子(45)らも参加した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 広瀬すず、朝ドラ「なつぞら」で極寒冬空ロケ!木の板でスキー初挑戦