2019.1.21 05:05(1/2ページ)

舘ひろし、主演男優賞!裕次郎さん渡哲也に「半歩近づいた」/ブルーリボン賞

舘ひろし、主演男優賞!裕次郎さん渡哲也に「半歩近づいた」/ブルーリボン賞

主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)

主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第61回ブルーリボン賞」が20日、決定。舘ひろし(68)が「終わった人」で主演男優賞に輝いた。所属事務所、石原プロモーション創設者で俳優の故石原裕次郎さんや事務所の先輩、渡哲也(77)とも縁のある賞に「(2人は)遠い存在でしたが半歩、近づきました」と感無量。主演女優賞は門脇麦(26)が受賞した。

 舘は、裕次郎さんが「勝利者」で新人賞(1957年度、第8回)、渡が「やくざの墓場 くちなしの花」で主演男優賞(76年度、第19回)に輝いたブルーリボン賞を初受賞。渡から電話で祝福されたと明かし、「受賞資格があるのか分からないと答えたら『もらえるものはもらっておけ』と言われました」と照れくさそうに振り返った。

 昨年6月公開の「終わった人」では、会社を定年退職し、周囲から“終わった人”と見なされた中年男性の悲哀をコミカルに表現。同9月には「第42回モントリオール世界映画祭」で最優秀男優賞を受賞した。

 舘は「字幕だったから、滑舌の悪さがバレなかった」と謙遜しつつ、支えてくれた中田秀夫監督(57)とW主演の女優、黒木瞳(58)に感謝。一方、自身が演技で影響を受けた人には、代表作「あぶない刑事(デカ)」の相棒役、柴田恭兵(67)を挙げ、「こういう芝居ができたのも恭さまの軽くて、スッと笑わせるテンポがある芝居に憧れて。『あぶ刑事』をやっていなかったら『終わった人』はできなかった」と、しみじみと振り返った。

【続きを読む】

  • 第61回ブルーリボン賞
  • 邦画ベスト10
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  • 主演男優賞を射止めた舘。劇中ではさえない中年男性を演じたが、実際はやっぱりかっこいい!=東京・銀座(撮影・佐藤雄彦)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 舘ひろし、主演男優賞!裕次郎さん渡哲也に「半歩近づいた」/ブルーリボン賞