2019.1.20 11:10

松本人志、指原莉乃への“セクハラ発言”カットしなかった理由は…

松本人志、指原莉乃への“セクハラ発言”カットしなかった理由は…

松本人志

松本人志【拡大】

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(55)が20日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。13日放送の同番組でのHKT48の指原莉乃(26)への発言に対し批判の声が上がっていることについてコメントをした。

 指原は、NGT48の山口真帆(23)がファンの男2人から暴行を受けた騒動について、13日の放送で運営の対応の遅さを批判。共演者から「運営のトップに立てば」と運営入りを提案された流れで、松本が「お得意の体を使って何とかするとか」などと発言。番組放送後、ネット上では「ひどいセクハラ発言」と批判の声が上がっていた。

 松本は「僕は、きょうをもって無口なコメンテーターに。新しいジャンルで。ギャラ泥棒になろうかなと」と笑いを誘った。批判を浴びた自身の発言について「なんでカットせえへんねんのかと。この番組は基本的に僕の発言をカットせずに使っていきたいという、暗黙の了解(がある)というか。決めてはないですよ。そういう番組なんですよ」と説明。カットを申し出ることもできたが、しなかった理由については「鬼のようにスベッてたから。逆に恥ずかしくて言えない」と話した。

 この発言にSNSでの批判が殺到したことについては、「炎上はこの先もしていくと思うんです。これもしょうがない。炎上で得られるものもあるし。なるほどな、これで大火事になるんや、って。大火事になったときに、本当に大切なものが見えてくるし。持ち出して逃げなイカンものが何なのか分かるし。こういうときに消火器を持って駆け付けてくれる人がよく分かるよね」と語った。

 指原は15日、自身のツイッターで「ワイドナショー、緊張しすぎて本当に記憶がほとんどなく…改めて録画をチェック…」と放送を見返し、「…松本さんが干されますように!!!」と松本の発言に対して冗談めかしてツイート。これに松本もツイッターで反応し、「指原様~☆」とつづり、騒動を落ち着かせようとする指原の気遣いに感謝を示していた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 松本人志、指原莉乃への“セクハラ発言”カットしなかった理由は…