2019.1.20 13:22

三浦瑠麗氏「古市、乙武、ちょっとだらしなくないか」 松本の発言騒動でチクリ

三浦瑠麗氏「古市、乙武、ちょっとだらしなくないか」 松本の発言騒動でチクリ

三浦瑠麗氏

三浦瑠麗氏【拡大】

 国際政治学者、三浦瑠麗氏(38)が20日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。13日放送の同番組でのダウンタウンの松本人志(55)がHKT48の指原莉乃(26)へ発言した言葉に対し批判の声が上がっていることについてコメントをした。

 指原は、NGT48の山口真帆(23)がファンの男2人から暴行を受けた騒動について、13日の放送で運営の対応の遅さを批判。共演者から「運営のトップに立てば」と運営入りを提案された流れで、松本が「お得意の体を使って何とかするとか」などと発言。番組放送後、ネット上では「ひどいセクハラ発言」と批判の声が上がっていた。松本はこの件について、カットを申し出ることもできたが、しなかった理由について「鬼のようにスベッてたから」とコメント。「それなりに親しくても、テレビに出たときは堅苦しく話さなアカン世の中になってきたんかな」と自身の考えも述べた。

 三浦氏は「きょうは松本さんに、とりえずお灸をすえに。どのくらい反省をしているのか見極めに来た」と切り出した。「セクハラ発言って、男性の妄想から来てるんですよ」との自身の考えを示し、指原を妄想に巻き込んではいけないのだと、松本をたしなめた。その上で、松本と指原の2人の関係性から、松本には悪意はなかったと理解も示した。

 さらに、13日の放送に出演していた社会学者の古市憲寿氏(34)とも話をしたことを明かし、「彼は雰囲気を変えようと発言をしたれど、滑舌が悪すぎて、意味が伝わらなかった」と伝えた。古市氏は芥川賞の発表を控え、いつものような鋭い発言が少なかったこと、さらに共演していた作家の乙武洋匡氏(42)には、過去に女性問題があったことを踏まえつつも、「普段だったら、乙武さんも古市さんも、その場で『たしなめ』を言うと思う」と三浦氏。「古市、乙武、ちょっとだらしなくないか、って私は思いました」と、その場で他の出演者が手をこまねいていたことについても、お灸をすえていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 三浦瑠麗氏「古市、乙武、ちょっとだらしなくないか」 松本の発言騒動でチクリ