2019.1.17 21:02

日産とルノー幹部が会談 企業統治改革を説明

日産とルノー幹部が会談 企業統治改革を説明

 日産自動車の西川広人社長が17日、前会長カルロス・ゴーン被告の事件に関連し、来日したフランス大手ルノー幹部らと会談したことが関係者への取材で分かった。西川氏が、日産で進めている企業統治の改革方針などを説明したという。

 関係者によると、会談したのはルノーのマルタン・ビアル取締役や、フランスのルメール経済・財務相の側近ら。フランス政府は16日、ビアル氏らが政府代表として、日産、ルノー、三菱自動車による3社連合の将来を話し合うために東京を訪問していると明らかにしていた。

 ルノーは日産に上級役員を送り込む協定を結んでおり、日産に臨時株主総会を開いて人事を話し合うよう再三求めているが、西川氏は拒否を続けており、温度差が目立っている。3社連合の運営を巡っては、各社首脳による合議制で行うことで合意している。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 日産とルノー幹部が会談 企業統治改革を説明