2019.1.15 05:00

風間俊介、舞台「最貧前線」に出演!内野聖陽と初共演

風間俊介、舞台「最貧前線」に出演!内野聖陽と初共演

 俳優、風間俊介(35)が8月末から10月まで東京・世田谷パブリックシアターや茨城・水戸芸術館など全国6カ所で上演される舞台「最貧前線」に出演することが14日、分かった。

 国内初となる宮崎監督のオリジナル作品の舞台化。太平洋戦争末期に多くの軍艦が沈められた日本海軍が、特設監視艇として送り出した漁船の乗組員たちの姿を描く

 主演俳優、内野聖陽(50)が漁船の船長を演じ、風間は原作には登場しない艇長役で初共演。プロデューサーで脚本を担当した水戸芸術館の井上桂氏は「船長や漁師たちとの対立を描きたくて、艇長という役を作りました」と説明。風間の起用については「艇長は表向きの顔は軍人だけど、人間味のあるキャラクター。風間さんにぴったり」と太鼓判を押す。

 舞台をはじめ、ドラマや映画などに数多く出演してきたジャニーズ事務所きっての演技派は「この舞台が始まるころには新しい『時代』が始まっている。新時代を生きる全ての人に、伝えたいこと、伝えていかなくてはいけないこと、その両方を届けられるよう、全力で演じようと思います」と背筋を伸ばした。

 溝端淳平(29)やベンガル(67)らの出演も決定した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 風間俊介、舞台「最貧前線」に出演!内野聖陽と初共演