2019.1.14 05:02(2/2ページ)

福島・飯舘村の新成人、笑顔の花咲く 被災各地で成人式

福島・飯舘村の新成人、笑顔の花咲く 被災各地で成人式

福島県飯舘村の成人式で、歌手の岡本真夜(左端)の登場に喜ぶ新成人ら

福島県飯舘村の成人式で、歌手の岡本真夜(左端)の登場に喜ぶ新成人ら【拡大】

★岩手

 ラグビーW杯会場の釜石市では、式終了後に商業施設敷地内のフィールドでラグビーの体験会を実施。雪がちらつく中、色とりどりの華やかな振り袖やスーツを着た約30人の新成人らが、ボールを抱えて走ったり仲間にパスしたりした。高校の同級生と参加した短大生、長洞江美さん(20)は「W杯で地元が盛り上がればいい。将来は信頼される保育士になりたい」と笑顔で話した。

★宮城

 漁業が盛んな気仙沼市の成人式には、市内の水産加工会社で働く外国人技能実習生ら約20人も、母国の衣装で参加した。昨夏にインドネシアから来日したジュハリヤーさん(20)は「日本でいろんなことを勉強して、仕事を覚えたい」と晴れやかな表情で話した。震災後の人手不足から、被災企業では実習生受け入れが増えている。

★北海道

 昨年9月の地震で震度7を観測し、土砂崩れで36人が死亡した厚真町では、式の冒頭で参加者全員が犠牲者に黙祷(もくとう)をささげた。町の新成人は37人。多くが道内都市部や道外の学校、職場に通う。式には26人が参加、再会を喜んだ。神戸市の専門学校に通う畑嶋未宙さん(20)は自宅が全壊し、家族は町のみなし仮設住宅で暮らす。「地元で雑貨屋を開くのが夢。少しでも町に貢献できる大人になりたい」と笑顔だった。

★西日本

 真備町地区を中心に甚大な被害が出た岡山県倉敷市では、会場の野球場に3353人が出席し、色とりどりのジェット風船を空に放って門出を喜び合った。仲井美桜さん(20)は4月から真備町地区で保育士として働く予定で「子供たちのために、明るい町をつくりたい」と話した。土砂崩れなどで多くの死者が出た広島県坂町での成人式には96人が参加。西谷直哉さん(20)は復興を手伝いに行くつもりだとして「町のために頑張りたい」と話した。

  • 伊勢谷友介(後列左端)と記念写真に納まる福島県飯舘村の新成人ら
  • 岩手県釜石市でラグビーを体験する晴れ着姿の新成人
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 福島・飯舘村の新成人、笑顔の花咲く 被災各地で成人式