2019.1.14 05:01

勤労統計で政府不信78% 雇用保険や労災保険に深く関係

勤労統計で政府不信78% 雇用保険や労災保険に深く関係

 共同通信社が12、13両日に実施した全国電話世論調査によると、厚生労働省の「毎月勤労統計」の不適切調査問題を受け、政府統計を「信用できない」との回答が78・8%に上った。「信用できる」は10・5%だった。毎月勤労統計は雇用保険や労災保険といった国民にとって重要なセーフティーネットと深く関わる。調査結果から、政府のずさんな対応への国民の不信感が高まっていることがうかがえた。

 また、いわゆる韓国の元徴用工訴訟判決を巡り、判決に抗議している日本政府の対応を「支持する」は80・9%、「支持しない」は11・3%だった。安倍内閣の支持率は43・4%で昨年12月15、16両日の前回調査から1・0ポイント増。不支持は42・3%だった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 勤労統計で政府不信78% 雇用保険や労災保険に深く関係