2019.1.14 15:43

上田まりえ、夫が慶大野球部助監督に!「ようやく一緒に暮らせます」

上田まりえ、夫が慶大野球部助監督に!「ようやく一緒に暮らせます」

上田まりえ

上田まりえ【拡大】

 元日本テレビアナウンサーでタレント、上田まりえ(32)が14日、自身のブログを更新。夫で元トヨタ自動車投手の竹内大助氏(28)が、母校である慶大野球部の助監督に就任することを伝えた。

 竹内氏は、トヨタ自動車に6年間在籍。2016年の第87回都市対抗野球大会ではチームの初優勝に貢献し、昨季限りでユニフォームを脱いだ。同大の林卓史前助監督の退任に伴い、19年2月1日より後任を務めることとなった。

 上田は「本日慶應義塾大学体育会野球部のホームページで発表がありましたように、夫の竹内大助が2月1日より助監督に就任することが決定致しました」と報告。「夫のピッチングが好きだったので、もうマウンドにいる姿を見られないことはちょっぴり寂しいものもあります」としつつも「野球への愛を深めてくれた夫に感謝するとともに、妻として夫の新たなスタートを応援したいと思います」と妻として誓った。

 17年の結婚後、東京と夫の拠点、愛知・豊田市を行き来する生活を送っていたが「今回の夫の転勤により、私たち夫婦は一度愛知県豊田市から離れ、神奈川を拠点に生活することになりました。結婚当初からこれまでの2年間、別居婚という形をとってきましたが、ようやく一緒に暮らせることになります」と別居婚解消を報告。「豊田市を離れることはとても寂しいです。しかし、夫もトヨタ自動車からの出向なので、豊田市がホームであることには変わりません」と付け加えた。

 また、成人の日にちなみ、夫の成人式に出席した際の写真を公開。「私、社会人2年目。夫、大学2年生。あれから8年、再び夫がKEIOのユニフォームを着ることになるとは…感慨深いものがあります。ちなみに、早慶戦、どちらを応援するのか悩んでいるのはここだけの話」とつづった。

 竹内氏は慶大時代、リーグ戦通算56試合に登板し、22勝、196奪三振、防御率2.62を記録。2年春には東大戦でノーヒットノーランを達成するなど、2度のリーグ戦優勝を経験した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 上田まりえ、夫が慶大野球部助監督に!「ようやく一緒に暮らせます」