2019.1.14 05:01

ただいま天王寺!flumpoolが復活ライブ、4000人を前にデビュー曲熱唱

ただいま天王寺!flumpoolが復活ライブ、4000人を前にデビュー曲熱唱

ゆかりの天王寺でサプライズライブを行ったflumpoolの(左から)阪井一生、山村隆太、小倉誠司、尼川元気(大阪市天王寺区)

ゆかりの天王寺でサプライズライブを行ったflumpoolの(左から)阪井一生、山村隆太、小倉誠司、尼川元気(大阪市天王寺区)【拡大】

 ボーカル、ギターの山村隆太(33)が2017年12月に歌唱時機能性発声障害を発症し、無期限で活動を休止していた4人組ロックバンド、flumpoolが13日、大阪・天王寺公園内の芝生広場(愛称・てんしば)で、約1年1カ月ぶりに復活のサプライズライブを行った。

 デビュー前の18歳から3年間、JR天王寺駅南口付近で週2回、路上ライブを行っていた関西出身の4人はSNSなどで開催を暗示。集まった4000人を前に、デビュー配信曲「花になれ」を熱唱した。

 「おかえり~」の声援に「ただいま、天王寺」と応えた山村。活動休止後、半年は快方に向かわず「ボーカルとして(第一線から)下がらなアカンと本気で考えた」という。しかし、同じ病気を克服したトレーナーと出会った3カ月前から劇的に回復。昨年末、結成12周年目にあたるこの日の再起を決めた。

 2曲目の「two of us」を歌い終えたときは「天王寺で歌っていたころの声で歌えたのがうれしかった」と、涙のファンと感極まる場面もあった。

 「夢のよう」と活動再開を宣言した4人は2月にファンクラブライブ、5月からはシングル発売と全国ツアーを開催することも発表した。

  • flumpoolのボーカル山村隆太
  • ゆかりの天王寺でサプライズライブを行ったflumpool
  • 活動再開を発表したflumpool。左から小倉誠司、尼川元気、阪井一生、山村隆太
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ただいま天王寺!flumpoolが復活ライブ、4000人を前にデビュー曲熱唱