2019.1.14 16:14(1/2ページ)

新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン

新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン

特集:
カー情報
新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン

新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン【拡大】

 世界最大のカスタムカーのイベント「東京オートサロン2019」。毎年、年明け早々に開催されるため、自動車業界的には新年のご挨拶の場でもありますが、今年は1月11日(金)~13日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催されます。

 初日のプレスデーではトヨタ・GAZOOレーシングが2020年から国内でのスーパーGT GT500クラスに参戦する新型スープラをベースにしたレース車両「GRスープラ スーパーGTコンセプト」を世界初公開したのを皮切りに、各自動車メーカーがそれぞれスポーツモデルや新しいモデルを続々披露。あるいはモータースポーツの体制発表などもここで行うチームも。

 「東京オートサロン」は1982年から始まり、1987年に現在の「東京エキサイティングカーショー」から「東京オートサロン」と名称が変わりました。当初はカスタムカーやチューニングカー、ドレスアップカーなどが中心で、ショップ系や雑誌「OPTION」系を好む人たちのためのイベントでした。個性的なボディスタイルやド派手にカスタマイズされているクルマが多く、女性のコスチュームも派手でそこらじゅうから大音量で鳴り響くダンスミュージックとギラギラしたイルミネーションが会場の雰囲気を盛り上げます。

 しかしここ数年は国内の自動車メーカー各社が毎年開催される「東京オートサロン」に力を入れ、新型モデルを発表したりコンセプトカーをお披露目することも。その盛り上がりにインポーターも続々出展し、今年はアストンマーティンが初出展。アストンマーティンのモータースポーツのテクノロジーが注がれるサブブランド「AMR」の「DB11 AMR」や「ヴァンテージ」が展示され、ライトグレーと黄緑色の世界が素敵です。

 そして今回私が注目したのは、去年、20年ぶりに新型モデルが発売されて話題をさらった庶民派SUV「スズキ ジムニー」をベースにした、」アウターロールゲージとプロテクターを装備し、さらに逞しさがました「ジムニー サバイブ(SURVIVE)」と、「ジムニー シエラ」をべースに、後部を荷台にしたピックアップ「ジムニー シエラ ピックアップスタイル」2台のコンセプトモデル。

【続きを読む】

  • 新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン
  • 新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン
  • 新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン
  • 新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン
  • 新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン
  • 新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン
  • 新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 新型スープラのS-GT版!アストンマーティン初出展!などなど話題たっぷり/東京オートサロン