2019.1.14 12:49

NGT山口暴行事件で運営が会見「警察の捜査状況をかんがみていた」

NGT山口暴行事件で運営が会見「警察の捜査状況をかんがみていた」

NGT48に関わる騒動について会見に応じる(左から)AKS取締役の松村匠氏、NGT48劇場支配人の早川麻依子氏=東京都千代田区(撮影・加藤圭祐)

NGT48に関わる騒動について会見に応じる(左から)AKS取締役の松村匠氏、NGT48劇場支配人の早川麻依子氏=東京都千代田区(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 NGT48の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男2人から暴行を受けた事件で、運営会社のAKSが14日、東京都内で会見した。

 東京・神田明神で行われたグループの成人式後の対応という異例の事態。運営はこの日、未明にNGT48劇場支配人の今村悦朗氏(59)が異動し、早川麻依子氏(44)が支配人、岡田剛氏(41)が副支配人に就任し、真相究明のため第三者委員会による調査を実施すると発表したが、会見は2人のほか、AKS取締役の松村匠氏(56)が出席。

 松村氏は「ファンの皆さまやメンバーに不安を与えてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と事件を謝罪した。

 事件は山口がSNSなどで発信したことによって発生から約1カ月経過して発覚し、対応が後手後手に回ったことに松村氏は「警察の捜査状況をかんがみていた」。山口はツイッターでメンバーが自宅や帰宅時間を男に教えて自宅へ行くようにそそのかしたと書き込み、一部では犯人の男が同じマンションに住んでいたなどと報じられ、情報が錯綜(さくそう)しているが、一連の詳細には「捜査に関することはお答えできません」との説明に終始した。

 また、山口は自ら事件を公表し、劇場公演で謝罪して矢面に立ったことには「私の運営責任者としての責任。今後はああいうことが起こらないように、メンバーとコミュニケーションを取りたい」とコミュニケーション不足と説明。ネット上で関与が疑われたメンバーの太野彩香(21)と西潟茉莉奈(23)がツイッターで自らの関与を否定したことにも「メンバーがああいう形でコメントしたことにも責任を痛感している」と話した。

 第三者委員会は弁護士らが名を連ねるとし、「早急に実施したい」。今村氏の支配人を事実上更迭されたとみられるが、「会社の人事異動」と説明。後任に早川氏を起用したことには「メンバーと同じ女性の立場に立てる」と理由を説明した。

  • NGT48に関わる騒動について会見に応じる(左から)AKS取締役の松村匠氏、NGT48劇場支配人の早川麻依子氏、NGT48劇場副支配人の岡田剛氏=東京都千代田区(撮影・加藤圭祐)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. NGT山口暴行事件で運営が会見「警察の捜査状況をかんがみていた」