2019.1.13 12:10

須田亜香里、運営批判に異議「メンバーがアイドルの品格を保ってさえいれば…」

須田亜香里、運営批判に異議「メンバーがアイドルの品格を保ってさえいれば…」

SKE48須田亜香里

SKE48須田亜香里【拡大】

 SKE48の須田亜香里(27)が13日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)にVTR出演。昨年12月にNGT48の山口真帆(23)がファンの男2人から受けた暴行事件をめぐり、運営側が批判されていることに異議を唱えた。

 この日未明、番組のインタビューに応じた須田。運営側の不十分な対応が批判されていることに「私は運営だけが悪いとは、現状思いたくはないですね」とコメント。続けて「もちろん運営も悪いところはあったと思うし、一部のファンの方も絶対にあってはいけないことをしてしまったとは思うんですけど、帰宅時間を教えてしまったメンバーがいたりだとか、メンバーがアイドルとしての品格をちゃんと保ってさえいれば、ファンの方との距離感で帰宅時間を教えるなんてことはありえなかったと思う」と神妙な面持ちで述べた。

 山口がツイッターでメンバーがファンに情報を教えたと訴えていた件について、当初、運営側はメンバーの関与を否定していたが、その後「メンバーの関連性においては、メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」と認めていた。須田は「いつになるのか分からないけど、(事件に)かかわったメンバーは自分の気持ちで、アイドルを続けるのか、もしかしたら卒業って道を選ぶのか…。そこは自分の気持ちなのかなって私は」と関与したとされるメンバーの今後について考えを述べた。

 番組放送後には「アイドルとしての品格を保ってファンと接するべきという話をさせていただきました。でも私は加害者側に関わってしまったメンバーだとしても表立った謝罪や解雇は避けたほうがいいのではないか。というのが個人的な意見。大きな過ちでも一生表立って避難を受けるのは10.20代の女の子には酷だと思う」(原文ママ)とツイート。さらに「起きるはずのない事件だと思っているからこそ、この件についてはっきりと誰かを否定したりする判断は私には難しい。ごめんなさい。事件以前の問題に疑問を持っているからこそ。曖昧な運営側の言葉は多くの人を混乱させているのは事実。でも誰かが辞めたらそれでハッピーエンドって話でもないと思う」などとつづった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 須田亜香里、運営批判に異議「メンバーがアイドルの品格を保ってさえいれば…」