2019.1.12 22:51

Toshl「チキンライス」カバーに苦労「なんとも言えない世界観がある」

Toshl「チキンライス」カバーに苦労「なんとも言えない世界観がある」

ToshI 

ToshI 【拡大】

 X JAPANのボーカル、Toshl(53)が12日、ネット放送局のAbemaTV「bpm」(土曜後9・0)に出演。2018年11月に全世界リリースしたカバーアルバム「IM A SINGER」の収録曲について、一番難しかったカバー曲に2004年に浜田雅功と槇原敬之名義でリリースされた「チキンライス」を挙げた。

 Toshlはソロでカバーアルバムをリリースした理由について「ユニバーサルミュージックさんと契約しまして、一応、世界契約みたいな形になったんですよ。世界に向けて行くのに1発目は何にしようかって話になったとき、オリジナルアルバムって話もあったんですけど、日本の名曲を世界に配信して、こんなにいい曲があるんだぞっていうところをシンガーとしてアピールするところから始めてみたらどうかなって話もあったので『ぜひ日本の名曲を歌うことにチャレンジしてみましょう』とそういうところから始まりました」と明かした。

 カバーする中で一番難しかった曲に「チキンライス」を挙げ「あの曲は浜田さんが歌っているじゃないですか。(浜田は)歌手といえば歌手だし、歌手じゃないといえば歌手じゃない。独特の松本(人志)さんの詩の世界とやっぱり(彼らは)コンビですよね。なので我々が入れないような、なんとも言えない世界観があるじゃないですか。その曲でどういうアプローチをしたらいいか。色々なアプローチをした中で今の形に落ち着いたんですが、あまり試行錯誤しないで『この曲好き』って気持ちだけで歌ったらいいテイクになりましたね。でも難しかったです。そこにたどり着くまでが」とコメントした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. Toshl「チキンライス」カバーに苦労「なんとも言えない世界観がある」