2019.1.12 15:15

ロータスブース、10台限定特別仕様車と19年のレースカーを展示/東京オートサロン

ロータスブース、10台限定特別仕様車と19年のレースカーを展示/東京オートサロン

ロータスブース、10台限定特別仕様車と19年のレースカーを展示/東京オートサロン

ロータスブース、10台限定特別仕様車と19年のレースカーを展示/東京オートサロン【拡大】

 ●史上最強のエキシージ「エキシージカップ430」は限定10台

 英国のスポーツカーブランド、ロータスは東京オートサロン2019の会場でプレスブリーフィングを行い、限定10台で日本に導入される特別仕様車のエキシージカップ430と2019年のレース活動計画について発表しました。

 日本に限定10台導入されるのはエキシージ史上最強のプロダクションモデルであるエキシージカップ430。搭載されている新型の3.5LV6スーパーチャージャーエンジンは、最高出力436ps、最大トルク440Nmを発生します。

 ハイブリッドカーボン製の新しい複合パネルを使用するなど、軽いだけでなく、空力性能にもこだわったボディを採用することで、最高速度は290km/h、0-100加速3.3秒というハイパフォーマンスを発揮します。

 エンジンの高出力化に伴い、エキシージカップ430はAPレーシング製の4ピストン鍛造ブレーキキャリパーと新性能の2ピースJフックブレーキディスクを搭載。ロータスの公道仕様車のなかで最大サイズのキャリーパーとローターを使用しています。

 ボディカラーは差新のビビッドグリーン4台、デイトナブルー4台、バトルシップグレー2台ですでに完売となっているボディカラーもあるそうです。車両本体価格は1728万円となっています。

 特別仕様車のエキシージカップ430に続いて、アンヴェールとなったのが、ロータスカップジャパン2019クラス1へ参戦するエキシージスポーツ350と日本国内のツーリングカーレースの最高峰であるSUPER GT GT300クラスへ参戦するSGT-EVORAです。

 GT300クラスに参戦するSGT-EVORAは昨シーズンのブラックを基調としたボディカラーから白を基調としたボディカラーへと変更。参戦するドライバー2人も登場し、今シーズンの活躍をファンに誓っていました。(萩原文博)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ロータスブース、10台限定特別仕様車と19年のレースカーを展示/東京オートサロン