2019.1.11 05:02

工場建設「日産と無関係」 ゴーン容疑者送信のメール押収、11日追起訴

工場建設「日産と無関係」 ゴーン容疑者送信のメール押収、11日追起訴

 会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が、サウジアラビア人の知人側に日産の資金を支出した理由の1つとするサウジでの工場建設に関し、中東の担当者に「日産とは関係ない」とメールで伝えていたことが10日、分かった。東京地検特捜部はメールを押収、正当な対価だったとの同容疑者の主張を覆す証拠とみている。

 証券取引等監視委員会は10日、2018年3月期まで3年間の有価証券報告書にゴーン容疑者の報酬を計約42億7100万円少なく記載したとして、金融商品取引法違反の疑いで同容疑者と前代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(62)、法人としての日産を告発。特捜部は11日、いずれも追起訴する方針。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 工場建設「日産と無関係」 ゴーン容疑者送信のメール押収、11日追起訴