2019.1.11 21:54

中国「宇宙戦線の自力更生を堅持し重大な成果を得た」 月裏側の360度撮影成功

中国「宇宙戦線の自力更生を堅持し重大な成果を得た」 月裏側の360度撮影成功

 中国国営通信の新華社は11日、世界で初めて月の裏側に着陸した無人探査機「嫦娥4号」と探査車による写真や観測データの地球への転送が順調に進み、プロジェクトが成功したと伝えた。中国の国家宇宙局は同日、嫦娥4号に搭載したカメラで、地球からは見えない裏側の周囲360度の地形を鮮明に撮影することに成功したと発表した。

 新華社によると、探査機と探査車に載せた中国旗の画像も転送され、「五星紅旗(中国国旗)がひときわ目を引いた」として国威発揚を図っている。

 共産党や政府、党中央軍事委員会はプロジェクトに関わった科学者や軍人に祝電を送り、習近平国家主席の指導下で「宇宙戦線の自力更生を堅持し、重大な成果を得た」と強調。「宇宙強国の建設」を全力で推進するよう指示した。

 報道によると、嫦娥4号と探査車「玉兎2号」は互いを撮影、11日に北京の宇宙飛行コントロールセンターのスクリーンに画像が映し出された。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 中国「宇宙戦線の自力更生を堅持し重大な成果を得た」 月裏側の360度撮影成功