2019.1.11 12:15

加藤浩次、NGT運営側の防犯ベル支給に苦言「そこ?」

加藤浩次、NGT運営側の防犯ベル支給に苦言「そこ?」

加藤浩次

加藤浩次【拡大】

 昨年12月8日に自宅の玄関先でファンの男性2人(不起訴処分)から襲われたNGT48・山口真帆(23)が10日、新潟市のNGT48劇場で行われた3周年公演に出演。9日に事件を公表後、ファンの前に初めて登場し、「この度はたくさんお騒がせして、誠に申し訳ありませんでした」と深々と一礼。運営側は終演後、メンバーがファンに山口の帰宅時間を教えるなど事件に関与していたことを認めた。今後は全グループメンバーに防犯ベルを支給するなど再発防止策を講じることを約束している。

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(49)が11日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)に生出演。番組では、山口が自身のツイッター(現在は削除)で、3人のメンバーが帰宅時間、家を教え、私の家に行けと犯人をそそのかした、と訴えたことについても伝えた。運営側が帰宅時間を教えたメンバーがいることに認めたことについて、加藤は「1個認めてて、なんだろう…。山口さんがあそこで謝罪して。なんでこのメンバー、なんにもない?って思うのが普通だと思う」と、被害者が謝罪し、帰宅時間を教えたメンバーにはおとがめなしという状況に疑問を呈した。

 さらに、運営側が全グループメンバーに防犯ベルを支給することや巡回の徹底といった再発防止策を示したことに「そこ?って僕は思っちゃう」と苦言。「こういったメンバーが中にいたら、そんな物持たせても、関係なくなるじゃん。もともとやんなきゃいけないのは、こういったことをやるメンバーがいなくなることでしょ」と訴えかけた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 加藤浩次、NGT運営側の防犯ベル支給に苦言「そこ?」