2019.1.6 05:03(1/2ページ)

大間マグロ、史上最高3億3360万円!豊洲初競りで「すしざんまい」落札

大間マグロ、史上最高3億3360万円!豊洲初競りで「すしざんまい」落札

3億3360万円のマグロを前にする木村清社長。築地場外市場にある「すしざんまい本店」でお披露目された

3億3360万円のマグロを前にする木村清社長。築地場外市場にある「すしざんまい本店」でお披露目された【拡大】

 昨年10月に開場した豊洲市場(東京都江東区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が開かれ、278キロの青森県大間産のクロマグロが、東京の中央卸売市場で過去最高額となる3億3360万円で落札された。競り落としたのは、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村。築地場外市場(同中央区)に本店を構える同社の木村清社長(66)は、「築地は頑張ります」と“築地復権”を誓った。

 午前5時10分、鐘の音とともに初競りがスタート。威勢のいい掛け声が響いていた豊洲の競り場に、どよめきが起きた。

 278キロの大間産クロマグロが競り落とされた額は、3億3360万円(1キロ当たり120万円)。ご祝儀相場になる初競りとはいえ、中央卸売市場で記録が残る1999年以降の最高値となった。

 「高くなっちゃってびっくり」と笑ったのは喜代村の木村社長。旧築地市場での初競りでは、2017年まで6年連続で「一番マグロ」を競り落としてきたが、昨年は食品事業を展開する「LEOC」(千代田区)にその座を奪われた。

 今年もLEOC側との一騎打ちに。「高くても5000万円ぐらいかと」と振り返った木村社長だが、それは表向き。喜代村関係者によると事前に「相手は3億円を用意している」との情報が入り、競りを担当する部下に「限界までいっていい」と指示。相手の担当者の顔が青ざめる中、喜代村の担当者も最後は震えながら「120(万円)」のキロ単価を付けたという。

 これまでの最高額は13年の1億5540万円だが、これも喜代村による落札。今回はその2倍超もの高騰ぶりで、水産仲卸業者からは「毎年こんなことが続くとおかしくなる」と疑問の声も上がったほど。だが木村社長の長男、政輝氏(42)は、「市場移転で築地の人出はがくんと減った。日本も築地も元気にしたかった」と父の思いを代弁した。

【続きを読む】

  • 3億3360万円のクロマグロと釣り上げた藤枝亮一さん(左)=4日早朝、青森県大間町(藤枝さん提供)
  • 「すしざんまい」の店内で振る舞われた、3億3360万円の最高額で競り落とした青森県大間産クロマグロのにぎりずし=5日午後、東京都中央区
  • 豊洲市場最初の初競りで、3億3360万円の最高額で競り落とした青森県大間産クロマグロの解体作業に取り掛かる「すしざんまい」運営会社の木村清社長=5日午後、東京都中央区
  • 最高値の3億3360万円で競り落とした大間産クロマグロをさばく「すしざんまい」を運営する喜代村の木村清社長=東京都中央区(撮影・飯田英男)
  • 豊洲市場の初競りで3億3360万円の最高値を付けたクロマグロを釣った漁師の藤枝亮一さん=青森県大間町
  • 初の新年を迎えた豊洲市場で、競りを前に並べられた冷凍マグロ=東京都江東区
  • 3億3360万円の最高額で落札された大間産クロマグロを運ぶ関係者=東京都中央区の築地場外市場
  • 初の新年を迎えた豊洲市場で、競りを前に並べられたマグロを見る業者ら=東京都江東区
  • 豊洲市場最初の初競りで3億3360万円の最高額で落札された大間産のクロマグロ。左は「すしざんまい」運営会社の木村清社長=東京都中央区の築地場外市場
  • 豊洲市場の初競りで一番マグロを競りおとした、寿司チェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」の木村清社長=東京・築地(撮影・宮崎瑞穂)
  • 豊洲市場の初競りで寿司チェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」に競り落とされた一番マグロ=東京・築地(撮影・宮崎瑞穂)
  • 豊洲市場の初競りで、寿司チェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」に競り落とされた一番マグロ=東京・築地(撮影・宮崎瑞穂)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 大間マグロ、史上最高3億3360万円!豊洲初競りで「すしざんまい」落札