2019.1.3 05:04(1/2ページ)

レジェンドが新星が“神回”届けた!紅白、平均視聴率41・5%

レジェンドが新星が“神回”届けた!紅白、平均視聴率41・5%

特集:
第69回紅白歌合戦
左からNHKの桑子真帆アナ、広瀬すず、内村光良の司会陣。平成最後の紅白を盛り上げた

左からNHKの桑子真帆アナ、広瀬すず、内村光良の司会陣。平成最後の紅白を盛り上げた【拡大】

 昨年大みそかに放送された「第69回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率が2日、ビデオリサーチから発表され、関東地区で第2部が41.5%を記録した。前年の39.4%から2.1ポイント増え、40.2%だった2016年以来2年ぶりに40%台に回復。サザンオールスターズの桑田佳祐(62)と松任谷由実(64)の奇跡のコラボなどが話題になり、平成最後の紅白が有終の美を飾った。

 国民的音楽番組が平成最後に底力をみせた。

 関東地区では第1部(午後7時15分~8時55分)が37・7%、第2部(午後9時~11時45分)が41・5%を記録。第1部は前年から1・9ポイント上昇した。2部制になった1989年以降、視聴率で実質的な評価とされてきた第2部は前年から2・1ポイント増え、2年ぶりに40%の大台に乗った。

 2018年の年間視聴率ではトップ2を占めたサッカーW杯に及ばなかったが、3位に入る大健闘だ。

 昨年の紅白は「平成最後の紅白」を打ち出し、いくつもの華々しい演出を用意。13年に紅白を勇退した北島三郎(82)は特別枠で5年ぶりに復活し、シンガー・ソングライター、米津玄師(27)は地元の徳島県から中継でテレビ初歌唱。ユーミンはスタジオでの歌唱シーンからNHKホールに登場するサプライズで沸かせた。

 圧巻は、“究極の大トリ”として最終歌唱者を務めたサザン。「勝手にシンドバッド」を披露中には、桑田とユーミンが奇跡のコラボ。紅白を見ていた視聴者はネット上で“神回”と称賛し、平成最後の紅白にふさわしい歴史的クライマックスとなった。

【続きを読む】

  • サザンオールスターズの歌の最中、桑田佳祐(右)は松任谷由実(左)に抱きつき熱唱
  • 熱唱する北島三郎
  • 紅白で熱唱する米津玄師(C)太田好治/yoshiharuota
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. レジェンドが新星が“神回”届けた!紅白、平均視聴率41・5%