2018.12.30 16:17(2/4ページ)

美川憲一、年末年始はカジノ 若い頃2000円→1500万円に/芸能ショナイ業務話

美川憲一、年末年始はカジノ 若い頃2000円→1500万円に/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
市川由紀乃

市川由紀乃【拡大】

 「年忘れ-」で「心かさねて」を歌う市川。この歌は16年の紅白初出場と昨年の年忘れでも歌い思い入れが深い。

 「年忘れは幼いころから、母や祖父母と見ていた番組。大先輩たちと一緒に出られることは、本当に光栄です」。デビュー25周年の今年は「うたかたの女」が10万枚以上を売り上げるヒット。3年連続の紅白出場はならなかったが、来年の出演を目指す。

 また、3月には本格的な芝居に初挑戦。五木ひろし(70)が名古屋・御園座で行う特別公演に、五木演じる武士の妻役で出演する。「今から台本を持ち歩いてますが、美しい日本語のセリフが多いので難しいですね」と打ち明ける。続く7月には、大阪・新歌舞伎座で初の座長公演を務め、島倉千代子さんの半生を演じ、その名曲の数々も披露する。

 「生前の島倉さんとはラジオ番組の収録などで3回ほどお会いしたことがあります。テレビで見るままのホワンとした方で、『頑張ってね』とやさしく声をかけてくださったことを今でも忘れません」。

 このところ自分の歌だけでなく、他の演歌・歌謡曲や他ジャンルの歌にも挑戦する機会が増えた。11月に細川たかし(68)、クリスタルケイ(32)と一緒に行った米ハワイ公演では、美空ひばりさんの「みだれ髪」と「人生一路」を歌唱。日系米国人を中心とした現地ファンの拍手喝采を浴びた。

 「『今度はハワイでソロ公演もしてね』とおっしゃってくれる年配の夫婦もいて、うれしかった。充実した1年でした」と振り返った。

【続きを読む】

  • 坂本冬美
  • 美川憲一
  • 川中美幸
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 美川憲一、年末年始はカジノ 若い頃2000円→1500万円に/芸能ショナイ業務話