2018.12.27 05:04

平成ラスト紅白はサザンが締める!大トリ嵐の後に登場、2曲歌唱へ

平成ラスト紅白はサザンが締める!大トリ嵐の後に登場、2曲歌唱へ

特集:
第69回紅白歌合戦
4年ぶり5度目の紅白で初めて最終歌唱者を務めるサザン。平成の音楽史を彩る盛大なエンディングとなりそうだ

4年ぶり5度目の紅白で初めて最終歌唱者を務めるサザン。平成の音楽史を彩る盛大なエンディングとなりそうだ【拡大】

 ロックバンド、サザンオールスターズが大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の最終歌唱者を務めることが26日、分かった。

 サンケイスポーツ既報通り、嵐が大トリを務めた後に特別枠で登場。1983年以来、35年ぶりに会場の東京・渋谷のNHKホールで、デビュー曲「勝手にシンドバッド」と代表曲「希望の轍」の2曲を歌唱し、平成最後の紅白を華やかに締めくくる。

 紅組トリは石川さゆり(59)で、3年連続9度目。トップバッターは7年連続出場の白組、三代目J Soul Brothersが初めて務め、紅組トップの坂本冬美(51)へとつなぐ。

 他にも平昌五輪カーリング女子で銅メダルに輝いた日本女子チーム、ロコ・ソラーレの藤澤五月選手(27)らメンバー5人が天童よしみ(64)が歌う地元・北海道の民謡「ソーラン祭り節2018~どさんこver.~」でステージ共演することが決定。

 特別枠で5年ぶりに出場する演歌歌手、北島三郎(82)は番組後半に登場。弟子の北山たけし(44)と大江裕(29)のユニット、北島兄弟を従えて名曲「まつり」を歌い、今年大ブレークしたお笑い芸人、ひょっこりはん(31)は郷ひろみ(63)のステージに“乱入”する。

 曲順は、27日に正式発表される。

出場歌手・曲目へ

  • (左から)吉田夕梨花、藤沢五月、鈴木夕湖、吉田知那美
  • ロコ・ソラーレの選手と共演する天童よしみ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 平成ラスト紅白はサザンが締める!大トリ嵐の後に登場、2曲歌唱へ