2018.12.23 18:24

矢部浩之、腰痛が“すべり症”の診断「お笑いやっていて致命的」

矢部浩之、腰痛が“すべり症”の診断「お笑いやっていて致命的」

「やべっちCUP」のエキシビションマッチに出場した左から森重真人、三浦弦太、太田宏介、ペナルティ・ヒデ、ナインティナイン・矢部浩之、大黒将志、ペナルティ・ワッキー

「やべっちCUP」のエキシビションマッチに出場した左から森重真人、三浦弦太、太田宏介、ペナルティ・ヒデ、ナインティナイン・矢部浩之、大黒将志、ペナルティ・ワッキー【拡大】

 お笑いコンビ、ナインティナインの矢部浩之(47)が23日、大阪・堺市のJ-GREEN堺で小学生サッカー大会「やべっちCUP」を開催した。

 閉会式後のエキシビションマッチでは「やべっちチーム」のキャプテンとしてチームを牽引。2週間前に腰を痛め、動きはぎこちなかったが、後半には右からのクロスに左足アウトサイドで合わせ、同点ゴールを決めた。「ほんまによかった。ああいった小さなセンスをほめてほしい」と3-1の勝利に貢献し、ニンマリだ。

 慢性的な腰痛はかかえていたが、「人生でこれ以上ないくらい痛い」と顔をしかめた。タレント、たむらけんじ(45)に針灸医を紹介してもらったところ「すべり症」と診断された。「お笑いやっていて『すべり症』は致命的」と苦笑い。「なんとしてでも治して、来年はちゃんと動けるようにしたい」と治療に専念するつもりだ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 矢部浩之、腰痛が“すべり症”の診断「お笑いやっていて致命的」