2018.12.16 22:40

飯窪春菜、ファンへ永遠の愛を宣言「“重い女”なので、絶対好きですからね!」

飯窪春菜、ファンへ永遠の愛を宣言「“重い女”なので、絶対好きですからね!」

ファンに挨拶する飯窪春菜=千代田区 撮影・高橋朋彦 

ファンに挨拶する飯窪春菜=千代田区 撮影・高橋朋彦 【拡大】

 女性12人組、モーニング娘。,18のサブリーダーで最年長メンバー、飯窪春菜(24)が16日、東京・日本武道館で行われた全国ツアーの最終公演で2636日在籍したグループを卒業した。

 1万人の“はるなん”コールで迎えられたアンコール。ファンへの手紙を読み上げた飯窪は、モー娘。として過ごしたかけがえのない約7年3カ月を振り返り、「皆さんに作っていただいたこの身全部が、これからの人生の大きな財産です」と涙ぐみながら感謝。支えてくれたファンへの永遠の愛を誓うと「私って“重い女”なので、絶対好きですからね!」と笑いを誘った。

 その後のメンバーからの贈る言葉では、涙腺が崩壊。一人一人と抱き合い、大粒の涙をこぼした。

 ステージでは、ラストシングル「フラリ銀座」や思い出深い楽曲「恋ING」など26曲を熱唱。モー娘。OGの道重さゆみ(29)や同期の工藤遥(19)、女優の新木優子(25)、松岡茉優(23)、タレントの中川翔子(33)、漫画家の藤子不二雄(A)氏(84)らが最後の雄姿を見守った。

 今後はタレントとして活動する。バーチャルYouTuber「Ni-na」のプロデュースなどマルチな才能を発揮していく予定で「まだまだ私の未来は続くので、これからも見守ってください」と呼びかけた。

 終演後も“はるなん”コールはやまず、再びステージに登場。最後は漫画好きの飯窪らしく「わがモーニング娘。人生に一片の悔い無し!」と「北斗の拳」のラオウのように右拳を突き上げた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 飯窪春菜、ファンへ永遠の愛を宣言「“重い女”なので、絶対好きですからね!」