2018.12.14 11:43

東名あおり事故、石橋和歩被告に懲役18年判決 横浜地裁

東名あおり事故、石橋和歩被告に懲役18年判決 横浜地裁

東名高速道路のあおり運転事故の判決公判で、傍聴券を求めて並ぶ人たち=14日午前、横浜地裁前

東名高速道路のあおり運転事故の判決公判で、傍聴券を求めて並ぶ人たち=14日午前、横浜地裁前【拡大】

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦がトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)の裁判員裁判の判決公判が14日、横浜地裁で開かれ、深沢茂之裁判長は懲役18年(求刑懲役23年)を言い渡した。

 危険運転致死傷罪が停車後の事故に適用されるかが最大の争点だった。

 同罪は「重大な交通の危険を生じさせる速度で運転する行為」などを処罰対象としているが、検察側は10日の論告で、原則として停車が禁じられている高速道路上で停車させる行為も含まれると指摘。「あおり運転と死亡事故に因果関係がある」と主張していた。検察側はほかに起訴した強要未遂罪など3件も含め懲役23年を求刑していた。

 弁護側は運転中の行為に対する処罰を前提としている危険運転致死傷罪は「停車後の事故には適用できない」と訴え、検察側が予備的訴因として追加していた監禁致死傷罪についても「監禁の意思があったか疑問」などとして、成立しないとしていた。

 判決によると、石橋被告は昨年6月5日夜、走行中の萩山(はぎやま)嘉久(よしひさ)さん=当時(45)=一家のワゴン車に妨害行為を繰り返して追い越し車線上で停止させ、大型トラックによる追突で、萩山さんと妻の友香さん=同(39)=を死亡させ、同乗の娘2人にけがをさせたなどとしている。(産経新聞)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 東名あおり事故、石橋和歩被告に懲役18年判決 横浜地裁