2018.12.12 18:33

高須院長、今年の漢字「災」に「気分が悪い。こんなの書くの断れよ坊さん」

高須院長、今年の漢字「災」に「気分が悪い。こんなの書くの断れよ坊さん」

高須克弥氏

高須克弥氏【拡大】

 12日、2018年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「災」に決まったことに、高須クリニックの高須克弥院長(73)が自身の公式ツイッターで反応した。

 今年の漢字「災」は、京都市東山区の清水寺で清水寺貫主によって揮毫された。この速報に高須院長は「ジョークだろ?」と反応。続けて「気分が悪い。こんなの書くの断れよ坊さん。こんなイベントやめてしまえ」とつづった。

 その後「高須さんは今年の1文字はなんですか?」というユーザーからの質問に、高須院長は「鬨(とき)」と答えている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 高須院長、今年の漢字「災」に「気分が悪い。こんなの書くの断れよ坊さん」