2018.12.9 05:00

マクロン政権抗議デモ、仏で700人超拘束

マクロン政権抗議デモ、仏で700人超拘束

シャンゼリゼ大通り脇で、警官隊と向き合う黄色いベスト運動のデモ参加者=8日、パリ(共同)

シャンゼリゼ大通り脇で、警官隊と向き合う黄色いベスト運動のデモ参加者=8日、パリ(共同)【拡大】

 フランスで燃料税引き上げへの反発などを発端に始まったマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが8日、国内各地で行われた。政府は全国に計8万9000人の警官や憲兵を配置する厳戒態勢で対応。警察は石など危険物を持っていた人を含め全国で700人以上を拘束し、小規模な衝突に催涙ガスや放水も使用した。全国一斉のデモは4週連続。

 マクロン政権は5日、事態沈静化を図るため来年の燃料税引き上げを見送ると譲歩。しかし運動側は政権が実施した富裕税軽減などを批判し、庶民の家計改善策を取るよう求めデモを継続した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. マクロン政権抗議デモ、仏で700人超拘束