2018.12.8 05:05(1/3ページ)

【ヒューマン】激動の1年半も“ブレない女”真木よう子、自然体で女優道「なるようになる」

【ヒューマン】

激動の1年半も“ブレない女”真木よう子、自然体で女優道「なるようになる」

テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木

テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木【拡大】

 女優、真木よう子(36)の“株価”が上昇中だ。15日放送のNHKスペシャルドラマ「炎上弁護人」(後9・0)に続き、来年1月スタートのテレビ東京系「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女(ひと)に賭けろ~」(月曜後10・0)に主演。弁護士、銀行員役ともに初挑戦で演技の幅を広げている。今年は事務所移籍など変化のあった一年だったが、「なるようになる」と泰然自若。ブレることなく役者道を突き進む実力派の素顔に迫った。(ペン・宮越大輔、カメラ・佐藤雄彦)

 誰に対しても壁を作らず、常に自然体。ポンポン飛び出す飾らない言葉に記者も引き込まれた。

 「そこ。長州力、見えてるから」。9月に大手芸能事務所、レプロエンタテイメントに移籍し、初のスポーツ紙のインタビュー。テレ東内で写真撮影中、関係者が近くにあった大型画面でレジェンドプロレスラーを見ていると、すかさず突っ込み、場を和ませた。

 移籍後初連ドラ主演作となる「よつば銀行-」は、同名人気漫画の初実写化。都市銀行の法人営業課長に抜てきされた主人公・原島浩美が大胆な発想で業績不振の支店を立て直す痛快物語。どんな相手にも臆せず正論を吐き、鈍感さと強さを併せ持つ役どころだ。

 銀行用語に苦戦しつつも、「偉い人に会っても動じないところは私も一緒。感情を表に出さないお上品な部分とか、自分と離れたところをいかに寄せていくかが課題です」と気合十分。自身が漫画好きなだけに、「漫画原作の実写版を見ると『そのキャラはそうじゃないって!』とかケチを付けたくなる人間なので、私のような人にも『これぐらいだったら許してやるか、真木よう子』と言われるぐらいまで役に近づきたい」と、今月中旬の撮影に向けて役作りを追求する。

【続きを読む】

  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • テレ東「よつば銀行-」の役衣装姿で、充実に満ちた笑みを浮かべる真木。これからも“愛”がこもった作品を届け続ける=東京・六本木
  • 「炎上弁護人」劇中写真、真木よう子
  • 「炎上弁護人」劇中写真、真木よう子
  • 真木よう子主演のテレビ東京「よつば銀行原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の原作「この女に賭けろ」書影(C)周良貨作・夢野一子/講談社
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ヒューマン】激動の1年半も“ブレない女”真木よう子、自然体で女優道「なるようになる」