2018.12.8 05:04

大学の英語教科書に松本幸四郎!早慶など使用、来年4月から登場

大学の英語教科書に松本幸四郎!早慶など使用、来年4月から登場

教科書への登場が決まった幸四郎。「歌舞伎を革新する」熱い思いを全国の大学生に届ける

教科書への登場が決まった幸四郎。「歌舞伎を革新する」熱い思いを全国の大学生に届ける【拡大】

 歌舞伎俳優、松本幸四郎(45)が、全国の大学で採用されている英語の教科書に2019年4月から登場することが7日、分かった。

 「a rising kabuki star(期待の歌舞伎スター)」として幸四郎が取り上げられたのは、早慶など全国100以上の大学の一般教養課程で使われる南雲堂(東京都新宿区)の英語教科書「JAPAN EVOLUTION(進化する日本)」。第1章に登場する。

 ハイライトは、15年8月に米ラスベガスで行った歌舞伎の古典「鯉つかみ」の屋外公演。幸四郎は「歌舞伎と日本の最先端科学技術の融合を見せたい」と、米国最大の噴水が売り物の人工湖でプロジェクションマッピングを使い、巨大な水のスクリーンに鯉のCG映像を映し出した。計5回の公演で10万人以上の観客を圧倒。地元紙でも3ページにわたって大特集されるほどの話題を呼んだ。

 屋号の「高麗屋」には「代々の先人がなしていない新しいことを、一度は行え」との教えがある。同書では、伝統を守りつつ破るという「挑戦」について、幸四郎の「伝統文化としての歌舞伎の底力を見せたい」という思いをクローズアップする。

 編集責任者を務める台湾・崇右影藝科技大の千葉剛名誉教授(72)は、幸四郎について「普段は物静かな印象だが、進取の気性に富み、歌舞伎を世界に広める大きな役割を果たしている」と説明。「その姿勢を日本の若者にも伝えたい」と期待した。

最近の教科書に掲載された主な有名人

 ★イチロー(野球) 2004、06年度の中学生の道徳に掲載。小学生時代の作文も紹介され、目標を持つことの大切さなどが書かれた
 ★本木雅弘(俳優) 13年度の大学の英語の教科書に登場。自らの企画が実現した主演映画「おくりびと」(滝田洋二郎監督)が米アカデミー賞外国語映画賞を獲得したことなどが紹介された
 ★羽生結弦(フィギュアスケート) 17年度の全国の大学の一般教養課程で使用される英語の教科書に取り上げられ、東日本大震災を乗り越え、ソチ五輪で金メダルを獲得した姿が掲載された

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 大学の英語教科書に松本幸四郎!早慶など使用、来年4月から登場