2018.12.8 05:00

前編の佐々木蔵之介Vs後編の柄本佑!?生瀬勝久「前編の方が素晴らしい」

前編の佐々木蔵之介Vs後編の柄本佑!?生瀬勝久「前編の方が素晴らしい」

息のあった掛け合いで会見場を和ませた左から優香、佐々木、千葉、市村、生瀬、柄本、林、広瀬=東京・渋谷

息のあった掛け合いで会見場を和ませた左から優香、佐々木、千葉、市村、生瀬、柄本、林、広瀬=東京・渋谷【拡大】

 俳優、佐々木蔵之介(50)、柄本佑(31)らが7日、東京・渋谷のNHKで同局正月時代劇「家康、江戸を建てる」(来年1月2、3日放送、ともに後9・0)の会見に出席した。

 2日の前編「水を制す」は江戸の上水整備、3日の後編「金貨の町」は全国共通貨幣の小判の製造と江戸の生活や経済の基盤を作った男たちを描く作品。前編の主演を佐々木、後編の主演を柄本が務める。

 佐々木は「多くの人が命をかけて情熱を持ち、志を継いで今の東京になったと知った。当たり前に思っていた水をありがたくいただき、正月はおいしく酒をいただきたい」と笑顔。

 一方の柄本は前編に出演する生瀬勝久(58)に「前編の方が素晴らしい」と挑発され、「うちの方が面白い」と対抗心をあらわに。柄本の相手役で時代劇初挑戦となった広瀬アリス(23)が「所作の練習が大変だった」と苦笑すると、柄本は「広瀬さんの舞を撮影中に拝見したんですが、『そりゃ、ほれるわい』と実感しました」と笑わせた。

 ほかに市村正親(69)が家康役で前後編に出演するほか、優香(38)、千葉雄大(29)、林遣都(28)らも出演する。

  • 息のあった掛け合いで会見場を和ませた左から優香、佐々木、千葉、市村、生瀬、柄本、林、広瀬=東京・渋谷
  • 息のあった掛け合いで会見場を和ませた左から優香、佐々木、千葉、市村、生瀬、柄本、林、広瀬=東京・渋谷
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 前編の佐々木蔵之介Vs後編の柄本佑!?生瀬勝久「前編の方が素晴らしい」