2018.12.7 11:00

岡村隆史「M-1に懸けすぎてる」上沼への暴言騒動

岡村隆史「M-1に懸けすぎてる」上沼への暴言騒動

岡村隆史

岡村隆史【拡大】

 お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史(48)が7日、ニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(金曜前1・0)で、お笑いコンビ、とろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)が、2日に開催された結成15年以内の若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2018」の大会後に、審査員のタレント、上沼恵美子(63)にSNSで暴言を放ち、謝罪した騒動にコメントした。

 オープニングトークで「とんでもない事件が起きました」と切り出した岡村。今回の騒動について「悪いのはあの2人ですけれども、思うにM-1に出てきて決勝に出る人って本当に漫才が好きで、M-1に懸けすぎてんですよ。分かるんですけれども、ちょっと抑えるとこは抑えとかんと。いろんなとこでいろんな打ち上げが行われ、『ああでもない、こうでもない』。それは、しょうがないことじゃないですか。ところが、いろんな人にたきつけられたのか、思いが爆発したのか、あんなことなって。えらいことですよ」と苦言を呈した。

 上沼は3日、大阪・ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)で、M-1審査員の引退を表明した。岡村は「よう考えなあかんのは、裏のことも考えないと。どういう経緯で上沼さんが審査員を引き受けはったのかとか。いろんな人が頭を下げて、上沼さんに『審査員、お願いします』って言うたわけじゃないですか。いろいろキャラもあるけれども、いろんな人にかわいがってもらわんと。かわいくないことしたらあかんと思うねん」と2人の暴言を戒めた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 岡村隆史「M-1に懸けすぎてる」上沼への暴言騒動