2018.12.6 00:36(1/2ページ)

「アウディ e-tron GT コンセプト」に見る、新たなるEVの魅力

「アウディ e-tron GT コンセプト」に見る、新たなるEVの魅力

「アウディ e-tron GT コンセプト」に見る、新たなるEVの魅力

「アウディ e-tron GT コンセプト」に見る、新たなるEVの魅力【拡大】

 Audi e-tron GT concept

 アウディ e トロン GT コンセプト

 アウディとポルシェの共同開発によって誕生。

 アウディは、2025年までにトータルで12タイプのEVを市場へと導入する計画だ。その第一弾モデルとして誕生したのが、2018年9月に発表されたSUVの「e-tron」。最終的にアウディのEVラインナップは、コンパクトなSUVスタイルに限らず、さまざまなセグメント、そしてサイズへと拡大していく予定だという。

 それを証明するコンセプトカーが、ロサンゼルス・モーターショー2018でワールドプレミアされた「e-tron GT concept」。開発はアウディとポルシェとの共同プロジェクトとして進められ、その象徴的な存在といえるのが、PPE=プレミアム・プラットフォーム・エレクトリックと呼ばれる、B~Dセグメントと幅広いサイズの拡張性を特長とする、今後アウディのEVに使用されていくことになる新開発のプラットフォームだ。ちなみに今後このコンセプトカーをプロダクションモデルへと進化させる作業は、アウディの子会社であるアウディ・スポーツ社が担当し、2020年には生産型が登場する計画だという。

 グラマラスなラインが魅力の「e-tron GT」

 e-tron GT conceptのエクステリアデザインは、もちろんアウディの未来を物語るかのように、きわめて斬新でスタイリッシュな仕上がりを見せている。フロントの大きなエアインテークはバッテリーやブレーキなどの冷却に大きな効果を発揮することを、また前後フェンダーやサイドシルのワイドでグラマラスなデザインからは、パワートレーンやバッテリーの搭載レイアウトを予感させてくれる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「アウディ e-tron GT コンセプト」に見る、新たなるEVの魅力