2018.12.5 16:44

カンニング竹山「更生はないと思いますよ」危険運転致死傷罪に問われた男に厳しい言葉

カンニング竹山「更生はないと思いますよ」危険運転致死傷罪に問われた男に厳しい言葉

カンニング竹山

カンニング竹山【拡大】

 タレント、カンニング竹山(47)が5日、「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に生出演。危険運転致死傷罪に問わている男やあおり運転をするドライバーに対し厳しい言葉を投げかけた。

 番組では昨年6月、東名高速道路であおり運転の末に1家4人が乗るワゴン車を停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして危険運転致死傷罪などに問われている男の公判で行われた被告人質問を取り上げ、弁護側、検察側の質問内容や男の発言、法廷内での様子について伝えた。

 竹山は法廷でのやりとりについて「弁護団の弁護方針がよくわからないんですよね、何のための弁護をやりたいんだっていうことがよく分からなくて」と話し、「この事件で言うと、例えば刑を軽くしようとしたとしてもね、この被告人は世の中に出ても、ちょっと申し訳ないけれども、生きていく手立てはないと思うんですよ。だからこの被告人に関するなら、重い刑を与えて反省させるのが、この子のためだと思うんですよ」と自らの意見を語った。

 これに対してMCの安藤優子(60)が「ただ更生というね。刑罰というのは更生への道を与えるという趣旨も(ある)」と指摘すると、竹山は「更生(の趣旨)はわかりますけれども、更生はないと思いますよ」とバッサリ。「最近あおり運転なんかもいろんな動画とかテレビなんかでもやっていますけど、あおり運転をするような人はもう免許を取り上げるべきだと思うんですよ。なぜならば(運転免許を取得する際に)適性検査っていうのはあるけれども、ハンドルを握ると性格が変わっちゃう人がいっぱいいるんですよ。で、道路交通法というのは、みんなでこのルールを守れる人が、道路上で運転しましょうってことですから。車に乗って守れないんだったら、免許を与えちゃいけないんですよ。この被告人だけじゃなくて世の中いっぱいいますよ、あおり(運転を)やってる人。これ、厳しいですけど免許取り上げるべきですよ」と主張した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. カンニング竹山「更生はないと思いますよ」危険運転致死傷罪に問われた男に厳しい言葉