2018.12.4 20:39(1/4ページ)

「リシャール・ミル 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2018」は歴史に残る内容で魅了

「リシャール・ミル 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2018」は歴史に残る内容で魅了

「リシャール・ミル 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2018」は歴史に残る内容で魅了

「リシャール・ミル 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2018」は歴史に残る内容で魅了【拡大】

 RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018

 リシャール・ミル 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2018

22台のF1がガチンコバトル!

 2012年に行われた50周年記念イベントをきっかけに、世界に肩を並べる日本発信のヒストリック・レーシング・イベントを作りたいという思いから始まった「リシャール・ミル鈴鹿サウンド・オブ・エンジン(以下SSOE)」。4回目を迎えた今年は、鈴鹿の歴史にも残る新たな1ページが刻まれることとなった。

 それが日本で初めて開催されたマスターズ・ヒストリック・フォーミュラ・ワン(以下マスターズF1)の公式戦だ。合計22台のエントリーの中には、今年のヨーロッパ・シリーズ(れっきとしたFIA選手権)の各クラスのチャンピオンが顔を揃えたほか、アメリカ・シリーズ、そして日本からも3名のドライバーが参戦。本場とまったく同じ内容で、文字通りのカチンコバトルを繰り広げてみせたのである。

 このほか、恒例のグループCデモレースには、メインスポンサーであるリシャール・ミル共同設立者のドミニク・ゲナが1993年型プジョー905Evo1でエントリー。さらに日本独自のカテゴリーFL500の50周年記念デモレース、アポロIEの日本初走行など、様々なコンテンツが詰め込まれた充実の2日間となった。

 大迫力のレース2のスタートシーン。マスターズF1は、1966年から85年までの3リッターNAマシンを対象としたヒストリックカー・レースとして2004年に始まったもので、ヨーロッパ・シリーズとUSAシリーズを開催。そのうちヨーロッパ・シリーズは2013年からFIAの公式戦にカウントされるようになった。またドライバーは国際C級以上のライセンスが必要であるうえ、マシンもFIAの安全基準をパスした HTP(ヒストリック・テクニカル・パスポート)所有車のみに限られる。

 FIA選手権が賭けられたヨーロッパ・シリーズのフィッティパルディ・クラス(72年以降のノングラウンドエフェクトF1)で見事チャンピオンに輝いたグレゴリー・ソーントンは、1982年型ロータス91(No.12)でエントリー。昨年のデモレースで鈴鹿を経験しているだけにプラクティスから好調で、久保田克昭の脱落にも助けられレース1優勝。レース2でもリバースグリッドのハンディを乗り越え見事に優勝を飾った。

【続きを読む】

  • 「リシャール・ミル鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2018」は歴史に残る内容で魅了
  • 「リシャール・ミル鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2018」は歴史に残る内容で魅了
  • 「リシャール・ミル鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2018」は歴史に残る内容で魅了
  • 「リシャール・ミル鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2018」は歴史に残る内容で魅了
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「リシャール・ミル 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2018」は歴史に残る内容で魅了