2018.12.3 11:23

人気俳優、高橋一生が飼っている“ペット”とは?/芸能ショナイ業務話

人気俳優、高橋一生が飼っている“ペット”とは?/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話

 ストレス社会の現代において、人間に癒やしと安らぎを与えてくれるのがペットの存在。多くの芸能人も犬や猫を飼っているが、フジテレビ系「僕らは奇跡でできている」(火曜後9・0)に主演する俳優、高橋一生(37)は一風変わった“ペット”を愛でている。

 先日、同作のライブイベントが東京都内で行われ、高橋はお笑いコンビ、アンジャッシュの児嶋一哉(46)、戸田恵子(61)ら共演陣と出演。トークコーナーでは、生き物の不思議に目がない風変わりな大学講師役を演じる高橋が、私生活でハエトリグモを飼育していることが共演者の証言で明らかになった。

 ハエトリグモは家の中でよく見かけるクモのことで、高橋は「節足動物門クモ綱クモ目ハエトリグモ科のクモの総称です」と流ちょうに解説。自宅に紛れ込んでいたといい、「観葉植物に乗せたらハダニを食べてくれたんです。緑がすごく元気になったので、『これは飼おう』と。そのうちどんどん仲間が増えて、今は4匹います」と紹介した。

 クモについて勉強したそうで、「英名は『ジャンピング・スパイダー』というカッコイイ名前がついています」と“先生らしさ”を見せつけると、「500属5000種類くらいあって、いまだに新種が見つかる。すごく不思議で、かわいいですよ」とメロメロな様子。飼っている種類は「アダンソンハエトリ、チャスジハエトリ、シラヒゲハエトリが2匹」といい、「共食いする種族なんですけど、仲良くやってますね」と優しくほほえんだ。

 見分けるために名前を付けているか問われると、「名前は…言いません」とはにかみ、名付けていることは認めるも肝心な名前は公表せず。会場を埋め尽くしたファンは、役柄と同じく“風変わり”な高橋の魅力にメロメロだった。(こっしー)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 人気俳優、高橋一生が飼っている“ペット”とは?/芸能ショナイ業務話