2018.11.28 21:42

政活費問題の小林由佳元堺市議、不起訴に 市長「不起訴は残念に思う」

政活費問題の小林由佳元堺市議、不起訴に 市長「不起訴は残念に思う」

 未配布の政策ビラの印刷代金などを政務活動費に計上し不正受給したとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで堺市が大阪府警に告訴した小林由佳元堺市議(40)を、大阪地検が不起訴処分にしたことが28日、分かった。市が発表した。処分は22日付。

 竹山修身市長は「小林氏の政活費は監査で不適切と判断されており、不起訴は残念に思う」とのコメントを出した。

 堺市によると、大阪維新の会の市議だった当時、実態がないのにビラ配布などの費用として約250万円を不正に受け取ったとして2016年1月、府警に告訴状を送付。堺市は告訴内容を含む政活費計約1040万円の返還を求め、小林元市議は全額返還した。

 元市議は政活費の問題を受け17年4月、大阪維新の会を離党し無所属となり、今年3月に辞職した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 政活費問題の小林由佳元堺市議、不起訴に 市長「不起訴は残念に思う」