2018.11.25 20:16

Dカップ和久井雅子、ビキニ姿で登場“平成最後の愛人”の異名で人気急上昇

Dカップ和久井雅子、ビキニ姿で登場“平成最後の愛人”の異名で人気急上昇

特集:
グラビア通信
初DVDをPRする和久井雅子

初DVDをPRする和久井雅子【拡大】

 グラビアアイドル、和久井雅子(24)が25日、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で初DVD「イイコトしたい」(双葉社、4104円)の発売イベントを行った。

 大人っぽさとかわいさをイメージしたビキニ姿で登場した和久井は8月に東京近郊のバーやスタジオで撮影した同作について「キャリアウーマンの私との恋愛気分が楽しめる作品になっています」と笑顔でPR。

 撮影では本物のお酒を飲む場面もあったといい、「ふだんお酒飲んでも顔が赤くならない体質なんですが、そのときは緊張もあって本当に顔がピンクになって生々しい表情になっていると思うのでそこを見てほしいです」と裏話も披露した。

 初DVDの自己採点は「70点」と控え目。「これが100%じゃなくて次も出したいという気持ちです。緊張で固くなってしまったところがあるので」と意気込んだ。

 4大卒業後に地元・福岡でOLをしていたが、「中学生、高校生の頃からきれいな女性やグラビアを見るのが好きで、自分も同じ仕事がしたいと思っていました。いまチャレンジしないと一生できないと決心して今年上京しました」とグラビア業界入りした経緯を語った。

 1月のデビュー以降、妖艶な雰囲気と1メートル63、B82W58H87のDカップボディーが話題となり“平成最後の愛人”の異名で人気急上昇。「週刊大衆」の4週連続グラビアに抜擢されるなど注目を集めているが、「もともとすごく引っ込み思案で自ら前に出るタイプではなかった」と自己分析する一方、「お仕事しながら、もっと自分の中身を表現できるようになりたい、と思うようになりました。現場で新しい人とお会いするときは自分からなるべくコミュニケーションを取るようにしています。前とは全然変わりました」とグラビア界に飛び込んだことによって変化した自分を実感している。

 仕事の幅を女優にも広げており、グラビアアイドル、天木じゅん(23)の映画初主演作「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」(12月15日公開、土岐洋介監督)への出演も果たした。目標にしている女優は木村多江(47)で、木村の主演作「ぐるりのこと。」(2008年公開、橋口亮輔監督)は何度も繰り返し鑑賞したという。今年の振り返りと来年の抱負については「上京してどの現場でも新しい経験ばかりで、すごく勉強させていただいた。お芝居のレッスンもしているので、来年もグラビアを頑張りながらお芝居の仕事もしていきたい」と飛躍を誓っていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. Dカップ和久井雅子、ビキニ姿で登場“平成最後の愛人”の異名で人気急上昇