2018.11.22 18:34

高橋克典、親子で映画鑑賞に苦笑「職業病でつい違う目線で見てしまう」

高橋克典、親子で映画鑑賞に苦笑「職業病でつい違う目線で見てしまう」

子供国際映画祭「第26回キネコ国際映画祭」のオープニングセレモニーに出席した左から中山秀征、戸田恵子、高橋克典、横山だいすけ=東京・二子玉川

子供国際映画祭「第26回キネコ国際映画祭」のオープニングセレモニーに出席した左から中山秀征、戸田恵子、高橋克典、横山だいすけ=東京・二子玉川【拡大】

 女優の戸田恵子(61)、俳優の高橋克典(53)らが22日、東京・二子玉川ライズで行われた日本最大規模の子供国際映画祭「第26回キネコ国際映画祭」のオープニングセレモニーに出席した。

 26日まで世界20カ国の長編・短編44作品が上映。ジェネラル・ディレクターを務める戸田は「今は家で1人でDVDで映画を見られる時代ですが、いろいろな人と一緒にスクリーンで見る喜びを味わってほしいです」と映画に初めて触れる子供たちに観賞のすすめを説いた。

 一児の父の高橋は親子で映画鑑賞をすることがあるといい、「子供はすごく自由な発想で見るのでうらやましい。職業病でつい違う目線で見てしまうので」と苦笑した。中山秀征(51)、横山だいすけ(35)も出席した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 高橋克典、親子で映画鑑賞に苦笑「職業病でつい違う目線で見てしまう」