2018.11.18 15:22

西川史子、TDL「裏側見せたらおしまい」訴訟問題

西川史子、TDL「裏側見せたらおしまい」訴訟問題

西川史子

西川史子【拡大】

 女医タレント、西川史子(47)が18日、レギュラーを務めるTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)を巡る過重労働やパワーハラスメント問題に「裏側を見せてしまったらおしまい」と嘆いた。

 TDLでキャラクターの着ぐるみを着て、ショーなどに出演していた女性契約社員2人が、過重労働やパワーハラスメントで体調を崩したとして運営会社「オリエンタルランド」に計約755万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、千葉地裁で開かれ、同社側は請求棄却を求めた。

 この問題を受け、タレントの武井壮(45)は「体力的に(キャストが)足りないわけじゃないですか。パワハラももってのほかですよ。解決するにはキャスト増やして時間を分散させて、会社がある程度の(金銭的な)負担を増やす以外の道はない」とコメントした。

 元衆院議員のタレント、杉村太蔵(39)は、以前にTDL関連の本を読んだことがあると明かした上で「働いてる方も含めて“夢の国”。いかに労務管理に神経を使ってるかよく分かる。今回、こういった訴訟になってしまったのは、経営者側からしたら、日頃意識してただけに痛恨だったんじゃないかな」と指摘した。

 西川は女医の立場から「私たちも30~40キロの防護服を着て手術したりするんですよ。だから、別にそんなにすごいことだと思わない」と私見を述べ、続けて「やっぱり裏側を見せてしまったらおしまいじゃないかなあっていう気持ちはします」と漏らした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 西川史子、TDL「裏側見せたらおしまい」訴訟問題