2018.11.12 14:28

竹山、BTS騒動「外野でやんや言っても解決しない」

竹山、BTS騒動「外野でやんや言っても解決しない」

カンニング竹山

カンニング竹山【拡大】

 タレント、カンニング竹山(47)が12日、月曜レギュラーを務めるTBS系「ビビット」(月~金曜前8・0)に生出演。世界的人気の韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が、原爆のきのこ雲や万歳する人々の姿をプリントしたTシャツを、過去にメンバーが着用したことが波紋を広げたことに、「外野でやんや言っても解決しない」と私見を述べた。

 BTSは7人組で、2013年にデビュー。今年5月にはアルバムが米誌掲載の人気チャート「ビルボード200」で韓国の歌手として初の1位を獲得した。しかし、問題のTシャツに対してインターネット上で、批判や擁護のコメントが多く寄せられる騒ぎとなり、9日夜放送のテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」(金曜後8・0)への出演を見送ることを決めた。また、Tシャツをデザインした韓国の会社代表も「反日感情を助長する意図はなかった。BTSに申し訳ない」と陳謝した。

 この一連の騒動に、番組で竹山は「国ごとのポジショントークというか、立場上の違いだと思うんですよね。韓国の人からすると自分の立場があり、日本の側から言うと、日本側の立場があり…。それをまたネット上とかで、例えば韓国から言うと反日、日本で言うと反韓。そういう人たちが逆にワイワイ言ってるような気がする」と印象を語った。

 続けて「もちろん、こういうTシャツは絶対ダメですけどね。世界的に活動してるんだったら、こういうことも気を使わないと。世界的にいろいろ活動している芸能の人たち。もっと考えたほうがよかったかな」とBTS側の問題点を指摘した上で、「外野で反韓、反日だとやんややんや言っても、これ解決しないから。1回、公式のツイッターでもブログでも『すいませんでした』って言うとか。それで終わると思うんですよね」とコメントした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 竹山、BTS騒動「外野でやんや言っても解決しない」