2018.11.10 08:19

米乱射事件、容疑者「自分は正気だ」 犯行中にSNS投稿か

米乱射事件、容疑者「自分は正気だ」 犯行中にSNS投稿か

 米ロサンゼルス郊外の銃乱射事件で、米メディアは9日、自殺した元海兵隊員のイアン・ロング容疑者(28)が犯行中、会員制交流サイト(SNS)に「自分は正気だ」などと自らの精神状態について書き込んでいたと報じた。捜査関係者の話としている。

 報道によると、容疑者は「人々は自分が正気か正気ではないかを何年も話し合っているが、自分は正気だ」「人生はくだらない。飽き飽きだ」と投稿したという。

 地元警察は8日、容疑者について、軍務による心的外傷後ストレス障害(PTSD)だった可能性に言及。連邦捜査局(FBI)の捜査官は、犯行動機を推測するのは「時期尚早だ」と述べた。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 米乱射事件、容疑者「自分は正気だ」 犯行中にSNS投稿か